おひとりさまライフ.jp

リバウンドしないために

image

ダイエットとリバウンド

 

ダイエットとリバウンドは切っても切り離せない関係にあります。
せっかく苦労してダイエットしても時間が経てば元の体重もしくはそれ以上の体重に戻ってしまったという経験は誰しもしているはずです。
リバウンドはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。

 

リバウンドのメカニズム

 

ダイエット中は食べたい欲求を抑えているのでいつかその欲求が爆発してしまうというのがひとつめのリバウンドです。これは自分を律する心の強さが関係しています。

 

もうひとつはダイエットの過程で筋肉量が減少し、基礎代謝が落ちてしまった場合です。基礎代謝は一日の総消費カロリーの70%を占めるため基礎代謝量が低いと消費カロリーも低くなりリバウンドしやすいカラダになってしまうのです。
基礎代謝量が低くなるとこれまでと同じ食事量だったとしても少しずつじわじわと体重が増えてしまうというわけです。

 

暴飲暴食をしたつもりはないのでいつの間にか体重が戻ってしまったという場合はこちらのケースが該当していると考えられます。

 

リバウンドしないために

 

ではリバウンドしないためにはどのような対策が必要なのでしょか。
一番重要なのはダイエット中に基礎代謝を落とさないことです。ダイエット中にタンパク質の摂取量が少ないと筋肉を分解してタンパク質を補おうとするので基礎代謝はどんどん減少してしまいます。

 

また少しでも基礎代謝を上げるために軽い筋トレをするのも効果的です。適度が筋肉があれば見た目もきれいですし、過度なリバウンドも防ぐことができます。
ここで重要なのは有酸素運動では筋肉はつかないということです。有酸素運動は脂肪の燃焼に効果がありますが、それと共に筋肉も分解してしまいますので、筋肉を増やしたい場合はジムなどで無酸素運動を行うのが効果的です。

 

一般の人が筋トレを行っても体が引き締まる程度で過度な筋肉が付くということはありませんので、ぜひ美しいプロポーション目指して筋トレにチャレンジしてみましょう。

 

ダイエット成功後は自身の基礎代謝量を目安に一日の食事量をコントロールするようにしましょう。
今どきの体重計であれば基礎代謝の目安を知ることができますので、基礎代謝量の1.5倍程度を目安に一日のカロリーを計算するとよいでしょう。

 

ダイエットの基本は収支バランスですから、一日のカロリー摂取量がカロリー消費量を上回らなければ体重が増えることはありません。
これは医学的にも証明されていて、たとえ毎日ケーキを食べ続けたとしてもカロリーの収支バランスさえ守られていれば体重が増えることはないのです。
(ただこの方法ですと基礎代謝が落ちてしまいますので、タンパク質の摂取と栄養バランスのよい食事を心がけるのは言うまでもありません)

関連ページ

ダイエットの基礎知識

ダイエットの基礎知識 ダイエットの基本は収支バランス基礎代謝という言葉をご存知でしょうか。ダイエットにおいてはこの基礎代謝がとても重要な意味を持ちます。基礎代謝とは生命を維持するために最低限必要なカロリーのことです。一日中何もせず寝ているだけで消費されるカロリーと思ってください。基礎代謝量は人によって様々ですが、一般に女...

≫続きを読む

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエット 炭水化物と砂糖をカット糖質制限の基本は糖質(炭水化物)を脂肪に変えるインスリンの分泌をいかに抑えるかということころにあります。またカラダに糖質が不足するとそれを補おうとタンパク質と脂肪を原料にしてブドウ糖を生成する糖新生が行われます。さらに中性脂肪を分解した脂肪酸から作られるケトン体も脳のエネルギー...

≫続きを読む

糖質制限 VS カロリー制限

糖質制限 VS カロリー制限 糖質制限とカロリー制限どっちがいいの?これまで糖質制限ダイエットについて見てきましたが、ダイエットといえばこれまではカロリー制限が主流でした。糖質制限はお腹いっぱい食べても痩せられるところが多くの人に受け入れられているポイントとなりますが、もはやカロリー制限の役割は終わったのでしょうか。糖質制限でも...

≫続きを読む

リバウンドしないために

リバウンドしないために ダイエットとリバウンドダイエットとリバウンドは切っても切り離せない関係にあります。せっかく苦労してダイエットしても時間が経てば元の体重もしくはそれ以上の体重に戻ってしまったという経験は誰しもしているはずです。リバウンドはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。リバウンドのメカニズムダイエット中は食...

≫続きを読む