おひとりさまライフ.jp

3000万新築マンションの場合

image

3000万新築マンションの60年間をシミュレート

 

2700万リノベ VS 2000万リフォームでは、築20年の中古マンションを購入し、リノベーションした場合としなかった場合の資産価値の推移やランニングコストの算出を行いました。
中古マンションと比較して新築マンションはどのような資産価値やコストの推移を示すのでしょうか。今回は3000万の新築マンションを購入した場合について見てみることにしましょう。

 

前提条件
  • 35歳で新築マンションを3000万円で購入
  • 間取りは1LDKの52.8u(16坪)
  • 3000万円を銀行ローン(年利1%)35年返済で借入

    ⇒月々返済額84,685円(ボーナス払いなし)

  • 管理費10,000円
  • 修繕積立金5,000円(10年ごとに5,000円上がると想定)
  • 固定資産税12万円/年(5年目まで半額、30年目以降は10万円と想定)

 

一般にマンションの坪単価は毎年4万円ずつ減少すると言われています。これまでと同様に、築20年まで毎年4万円減少し、それ以降は毎年1万円減少していくものとします。
ちなみにこの物件の坪単価は3000万円/16坪=188万円ということになります。リノベマンションの新築時想定坪単価は205万円でしたから、立地はややリノベマンション優勢かもしれません。

 

10年後(築10年目)の資産価値は?

 

  • 住宅ローン残高:2,247万円
  • 当初残高3,000万円から753万円減少

  • 10年間のランニング費用:12,862,200円
  • (84,685円+10,000円+5,000円)×12カ月×10年+6万円×5年+12万円×5年

  • 毎月の費用:107,185円
  • 12,862,200円÷10年÷12カ月

  • 坪単価:148万円
  • 188万円−4万×10年

  • 物件評価額:2,368万円(推定)
  • 148万円×16坪=2,368万円

 

この時点で売却すると手数料を含めてほぼトントンの収支になる想定です。
2年ごとの更新料を考えると月10万円の賃貸に住んでいたのとほぼ変わらない支出額だったという計算です。

 

20年後(築20年目)の資産価値は?

 

  • 住宅ローン残高:1,415万円
  • 当初残高3,000万円から1,585万円減少

  • 10年間のランニング費用:13,762,200円
  • (84,685円+10,000円+10,000円)×12カ月×10年+12万円×10年

  • 毎月の費用:114,685円
  • 13,762,200円÷10年÷12カ月

  • 坪単価:108万円
  • 148万円−4万×10年

  • 物件評価額:1,728万円(推定)
  • 108万円×16坪=1,728万円

 

この時点で売却すると手数料を考慮してもややプラスの収支が期待できます。新築マンションは何といっても売却の自由度が高いことが大きな価値と言えるでしょう。
毎月の費用で見ると、引き続き月10万円の賃貸に住んでいたのとほぼ変わらない支出額だっという計算です。

 

30年後(築30年目)の資産価値は?

 

  • 住宅ローン残高:495万円
  • 当初残高3,000万円から2,505万円減少

  • 10年間のランニング費用:14,362,200円
  • (84,685円+10,000円+15,000円)×12カ月×10年+12万円×10年

  • 毎月の費用:119,685円
  • 14,362,200円÷10年÷12カ月

  • 坪単価:98万円
  • 108万円−1万×10年

  • 物件評価額:1,568万円(推定)
  • 98万円×16坪=1,568万円

 

築30年で売却した場合、住宅ローン残高がかなり減少していますので、1000万円程度の売却益が見込めるかもしれません。これまでの中古マンションのケースでは30年後に売却するという選択肢はほぼ見込めない状況でしたから、そういった観点では新築マンションを購入することのメリットを感じていただけるかと思います。
修繕積立の費用もこれまでの中古マンションと比較するとまだ低い水準と言えるでしょう。

 

40年後(築40年目)の資産価値は?

 

  • 住宅ローン残高:0万円
  • 当初残高3,000万円

  • 10年間のランニング費用:9,681,100円
  • 84,685円×60カ月+(10,000円+20,000円)×12カ月×10年+10万円×10年

  • 毎月の費用:80,675円
  • 9,681,100円÷10年÷12カ月

  • 坪単価:88万円
  • 98万円−1万×10年

  • 物件評価額:1,408万円(推定)
  • 88万円×16坪=1,408万円

 

購入して40年後ということは、35歳で購入したとして75歳になっているということです。途中で住宅ローンも完済し、月々の費用負担はぐっと少なくなります。
驚くべきことにこの時点では7万5千円の賃貸とほぼ同額のコスト負担ということなのです。修繕積立がまだそこまで高騰していないため毎月のランニング費用は中古物件に比べてかなり有利なものとなります。

 

50年後(築50年目)の資産価値は?

 

  • 住宅ローン残高:0万円
  • 当初残高3,000万円

  • 10年間のランニング費用:5,200,000円
  • (10,000円+25,000円)×12カ月×10年+10万円×10年

  • 毎月の費用:43,333円
  • 5,200,000円÷10年÷12カ月

  • 坪単価:78万円
  • 88万円−1万×10年

  • 物件評価額:1,248万円(参考)
  • 78万円×16坪=1,248万円

 

購入して50年後でも新築物件であればまだまだ現役です。35歳で購入したとして85歳になっているわけですが、この年齢で毎月のコスト負担が4万円ちょっとというのは非常に助かることと思います。中古物件と比較してこのあたりの差が新築のメリットと言えるでしょう。また、賃貸に住み続けた場合と比較しても驚きのパフォーマンスを見せることでしょう。そのあたりの比較ものちのち行っていきます。

 

60年後(築60年目)の資産価値は?

 

  • 住宅ローン残高:0万円
  • 当初残高3,000万円

  • 10年間のランニング費用:5,800,000円
  • (10,000円+30,000円)×12カ月×10年+10万円×10年

  • 毎月の費用:48,333円
  • 5,800,000円÷10年÷12カ月

  • 坪単価:68万円
  • 78万円−1万×10年

  • 物件評価額:1,088万円(参考)
  • 68万円×16坪=1,088万円

 

さすがに新築とはいえ、築60年はなかなかの領域です。しかし、新耐震基準以降に建てられた物件であれば60年以降も十分に住み続けられるものと考えられます。
年齢も95歳に差し掛かり、これ以上住居に費用はかけられない年代です。毎月のコスト負担も5万円未満ですし、新築物件であればなんとか最後まで逃げ切れるかもしれません。

 

60年間のトータルコスト

 

新築3000万マンションのトータルコスト:61,667,700円

 

3000万新築マンションの場合

 

3000万円で購入した新築マンションのトータルコストは6,167万円と購入価格の約2倍程度となりました。中古マンションのトータルコストが購入価格の3倍近かったことを考えると意外に割安な印象です。この差異がどこから生まれるかというと、やはり修繕積立金の額が中古マンションと比べて低く抑えられていたというところでしょう。

 

次回により詳細は比較を行いますが、初期費用の安さに目を奪われて中古マンションを購入したものの、トータルコストで見ると少し高めの新築マンションと実は変わらなかったということも十分に考えられそうです。

 

毎月コストの推移

 

3000万新築マンションの場合

 

やはり住宅ローンを払い終える35年目以降は毎月かかる費用もぐっと低下しています。老後の全盛期には5万円を切る価格となり、中古マンションと比較するとその優位性は一目瞭然です。しかし、とはいえ、毎月5万円程度の費用が掛かってしまうのも事実なのです。将来の年金額を考えると毎月5万円の支出はなかなか大きな金額と言えるでしょう。

 

そこまで考えるとやはりマンションは長期に住むのではなく、ある程度の期間で住み替えるのが最も優れた戦略と言えるのかもしれません。そのあたりのお話については、10年ごとの住み替えもおすすめですで詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

 

評価額の推移

 

3000万新築マンションの場合
※購入から40年後(築40年)に売却できるかは不明のため参考表示としています

 

10年後に売却した場合、売却手数料等を考えるとほぼトントンの収支が想定されます。20年目で売却した場合は最大で200万円程度のプラスが見込めそうです。30年目で売却すれば住宅ローンとの差し引きで1000万円程度のプラスになる可能性はありますが、年齢も65歳と高齢に差し掛かっていますので、30年目以降の住み替えは慎重に考えた方がよさそうです。

 

3000万円の新築マンションとなると郊外立地の場合が多くなるかと思います。郊外マンションは都心マンションと比較して資産価値の下落が早い傾向にありますので、一概に新築マンションをお勧めするということではありません。同じ価格帯であれば都心立地の中古マンションの方が有利なケースもあります。新築、中古に限らず、資産価値の落ちないマンションを見極める目を持てるように頑張りましょう。

 

晩年に強さを発揮する新築マンション

 

新築マンションの入居当初は修繕積立金が低く抑えられているため、中古マンションと比較するとトータルコストは安価な傾向にあります。老後に入ってからの住宅コストが抑えられるのもとても助かることでしょう。新築マンションであれば人生の最終局面を迎えても築60年ですから、最後まで逃げ切れる可能性が高いです。

 

途中で住み替えるというリスクを取りたくない方には中古マンションよりも新築マンションを強くお勧めいたします。住環境を重視するのであれば間違っても賃貸に住み続けるという選択はしないようにしましょう。老後を迎えるころに猛烈な後悔に襲われる可能性が高いです。

 

次回(新築マンション VS 中古マンション)は、新築マンションと中古マンションの比較についてもう少し詳しく見てみることにしましょう。

関連ページ

分譲と賃貸どっちがいいの?(前編)

分譲と賃貸どっちがいいの?(前編) お金持ち以外は分譲マンションを買うべきですおひとりさまの住まい問題で最も頭を悩ませるのが家を買った方がいいのか、一生賃貸がいいのかということです。当然その人によっていろいろな条件が異なりますので、一概には言えませんが、一般論で行くと圧倒的に家は買うべきということです。それにはふたつの理由があります。...

≫続きを読む

分譲と賃貸どっちがいいの?(後編)

分譲と賃貸どっちがいいの?(後編) 経済合理性だけで考えてよいのでしょうかよくマンション雑誌で話題に上る「分譲vs賃貸論争」。実際にはどちらが有利なのでしょうか。経済合理性だけではなく、老後の生活にフォーカスして考えるとこれまでとは違った答えが浮かび上がってきそうです。ここではおひとりさまだけではなく、より一般的な世帯も含めて分譲・賃...

≫続きを読む

住まい探しの条件

住まい探しの条件 なるべく資産価値の高いマンションをおひとりさまの住まい探しでポイントとなるのはできるだけ資産価値の高いマンションを選ぶということです。今はおひとりさまかもしれませんが、いつどんなタイミングで結婚するか分かりません。マンションが足かせとなっては元も子もありませんので、できるだけ流動性の高いマンション、...

≫続きを読む

コンパクトマンションという選択

コンパクトマンションという選択 コンパクトマンションとはシングル・DINKS向けのコンパクトマンションが充実してきているのをご存知でしょうか。最近は大手ディベロッパーも都心エリアに多くのコンパクトマンションを供給しています。一般にコンパクトマンションとは40u〜50u台の1LDKもしくは2LDK立地/利便性に優れている大手ディベロ...

≫続きを読む

リノベマンションは修繕積立に注意

リノベマンションは修繕積立に注意 リノベーションとはリノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、機能や性能を向上させたり付加価値を与えることを言います。同じような言葉に「リフォーム」がありますが、リフォームとは古くなった建物や設備を修復して元の状態に戻すことを言います。その建物を新築の状態に戻すのがリフォームで、新築の状...

≫続きを読む

新築マンションも万全とは言えない?

新築マンションも万全とは言えない? やはり修繕積立金の存在リノベマンションは修繕積立に注意では修繕積立金の高騰が将来的な重荷になるというお話をしましたが、新築マンションも永住を前提で考えると必ずしも万全ではないのです。例えば35歳で新築マンションを購入した場合の例で考えてみましょう。35歳で新築マンションを購入した場合大規模修繕工事は...

≫続きを読む

築20年リノベマンションの場合

築20年リノベマンションの場合 築20年で資産価値は下げ止まる一般的にマンションの資産価値は築20年まで下落の一途をたどり、20年目以降は下落が緩やかなものになると言われています。では、築20年のマンションをリノベーションして購入するのであれば経済合理性があるのではないでしょうか。早速検証してみましょう。前提条件35歳で築20年の...

≫続きを読む

築20年リフォームマンションの場合

築20年リフォームマンションの場合 リフォームマンションの場合はどうでしょう前回(築20年リノベマンションの場合)は、築20年のマンションを購入してリノベーションした物件について、トータルコストの試算や評価額の推移について見てきました。今回は同条件のマンションをリフォーム済みで購入した場合について考えてみることにします。つまり、同じマ...

≫続きを読む

2700万リノベ VS 2000万リフォーム

2700万リノベ VS 2000万リフォーム リノベマンションとリフォームマンションの比較これまでリノベマンションとリフォームマンションのコストシミュレーションを見てきました。両者の違いは購入時に700万円のリノベーションコストをかけるかという部分だけですが、10年後、20年後に売却を考えた際の自由度やトータルコストにも影響を及ぼしていました。...

≫続きを読む

3000万新築マンションの場合

3000万新築マンションの場合 3000万新築マンションの60年間をシミュレート2700万リノベ VS 2000万リフォームでは、築20年の中古マンションを購入し、リノベーションした場合としなかった場合の資産価値の推移やランニングコストの算出を行いました。中古マンションと比較して新築マンションはどのような資産価値やコストの推移を示...

≫続きを読む

新築マンション VS 中古マンション

新築マンション VS 中古マンション 新築マンションと中古マンションの比較イニシャルコストの安い中古マンションとそれよりやや高めの新築マンションでは60年間住んだ場合のトータルコストにどのような差異が生まれるのでしょうか。また毎月の住宅コストはどのような推移をたどるのでしょうか。ここでは3000万円で購入した新築マンションと2000万円...

≫続きを読む

分譲 VS 賃貸 コスト比較

分譲 VS 賃貸 コスト比較 分譲 VS 賃貸論争に終止符これまで分譲マンションの生涯コストについて見てきました。今回はこれまでの集大成として、分譲マンションと賃貸マンションの生涯コストをあらゆる条件で比較してみたいと思います。今後の平均寿命の予測から、多くの人は95歳まで生きるものと思ってください。少なくとも95歳までは住まい...

≫続きを読む

10年ごとの住み替えもおすすめです

10年ごとの住み替えもおすすめです 賃貸なんて200%住み続けてはいけない前回は新築マンションを購入しても最後まで住み続けることができるかは運次第(寿命次第)というお話をしました。新築マンションに最後まで住み続けるのが難しいとしたら、どのような戦略が考えられるのでしょうか。老後の収入を考えると、賃貸という選択肢はさらに現実的ではないと...

≫続きを読む

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識 超低金利時代の到来住宅ローンの変動金利は今や0.5%台と破格の安値水準となっています。これは住宅ローン控除を利用すればマイナス金利(お金を借りて利息がもらえる)となる水準です。つまり、キャッシュでマンションが買えたとしても、一括払いではなく住宅ローンを組んで買った方がお得ということなのです。もちろん...

≫続きを読む

坪単価って何ですか?

坪単価って何ですか? マンションのモデルルームに行くとよく坪単価という言葉を耳にします。既にご存知の方も多いと思いますが、ここで改めておさらいしておきましょう。坪単価とは坪単価とは、その名の通り、一坪あたりの単価(価格)のことです。一坪は約3.3uなので、例えば、66uのマンションは20坪ということになります。このマンシ...

≫続きを読む