おひとりさまライフ.jp

投資では損切りが大切です

image

株式投資で一番大切なこと

 

株式投資やFX投資は3年以内に9割の人が退場すると言われています。
それだけ利益を出し続けるのは難しいことなのです。利益だけではなく、多くの場合暴落相場に対応できずに強制的に退場させられるというケースが一番多いことでしょう。

 

なぜ初心者は利益を出し続けることが難しいのでしょうか。そして暴落相場に対応できないのでしょうか。

 

その答えは損切りの徹底と自身が設定したルールを厳格に守るというところにあります。

 

心理学的に損切りは難しい

 

人間の心は利益を得た時の喜びよりも損した時のダメージの方が大きく感じる傾向にあります。株が上昇して利益を出した時はわりとさくっと利益を確定することができますが、思いに反して株が下落してしまった場合、人の心はなかなか損失を確定することができません。この傾向は心理学的にも証明されています。

 

株は売らなければ損失が確定することはありませんので、いつか株価が戻ることを期待してずるずると保有し続けてしまうのです。これを株式用語では塩漬けと呼びます。ただこの場合すでに暴落相場の始まりであるケースも多く、どんどん株価は下落していきます。こうして損失に耐え切れなくなって初めて株を売却するという行動に出るのです。

 

多くの場合そこはセリングクライマックスという誰もが投げ売りするポイントであり、そこから相場は嘘のように上昇に転じるのです。
このように相場は人の心を巧みに欺いて下降、上昇を繰り返しています。

 

では株式相場に勝つ術はないのでしょうか。

 

厳格にルールを守るということ

 

株式相場で退場しないために一番大切なことはルールを作り、それを厳格に守るということなのです。
株にはテクニカル分析やファンダメンタル分析などいろいろな手法がありますが、どんな手法を使ったとしても勝つときは勝ちますし、負けるときは負けます。
例えば買値から10%上昇したら売却する、買値から10%下落しても売却するというルールを作ったのであれば例外なくこのルールに従うことが大切ということです。

 

投資はギャンブルとは違いますので、できるだけ人間の心理を介入させないということが投資で成功するポイントなのです。
投資で資産を築いている方は例外なく自分が定めたルールを守っている方です。
ルールは作ることよりも守ることの方がはるかに難しいということを覚えておきましょう。

 

私情を挟むことなく機械的に売買できるようになればあなたも一人前の投資家として活躍することができることでしょう。

関連ページ

安定収入が第一

安定収入が第一 長期投資はハイリスク老後の特集記事などで、月に数万円でも3%の利回りを続けて30年積み上げていけば、老後の資金が準備できますという記事を見かけます。しかし、そんなことは絶対に起こりえないので信じてはいけません。株式相場が上向いているときなど3%以上の利回りを達成できる年ももちろんありますが、相場は永...

≫続きを読む

投資にチャレンジ

投資にチャレンジ 経済の勉強も兼ねて20代、30代のおひとりさまは経済の勉強も兼ねて投資にチャレンジしてみるとよいでしょう。この時決して無理はせず余裕資金で行うことが大切です。株式投資でもFX投資でも実際にやってみると経済の動きがとても気になってきます。機械受注がプラスに転じたとか保有銘柄がMSCIに組み入れられたと...

≫続きを読む

投資では損切りが大切です

投資では損切りが大切です 株式投資で一番大切なこと株式投資やFX投資は3年以内に9割の人が退場すると言われています。それだけ利益を出し続けるのは難しいことなのです。利益だけではなく、多くの場合暴落相場に対応できずに強制的に退場させられるというケースが一番多いことでしょう。なぜ初心者は利益を出し続けることが難しいのでしょうか。...

≫続きを読む

株式投資の極意(前編)

株式投資の極意(前編) 株で利益を出すために株式投資で利益を出し続けることができるのは一部の限られた投資家だけです。ほとんどの投資家は3年以内に株式市場から退場すると言われています。株は確率で見れば上がるか下がるかの50%のはずなのに、どうしてほとんどの人は負けてしまうのでしょうか。資金力がなかったから、相場の環境が悪かっ...

≫続きを読む

株式投資の極意(後編)

株式投資の極意(後編) 負けを含めてトータルで考える株式投資の極意(前編)では、機械的に損切りを行うことの重要性と逆張り取引の危険性についてお話しました。では実際に株式投資で利益を出し続けるにはどうしたらよいのでしょうか。株で利益を得るためには極力負けないようにして勝ち続けなければいけない。多くの投資家はこのように考えます...

≫続きを読む